トップページサポート > お手入れ方法(ご使用方法)

お手入れ方法(ご使用方法)

ドクターフェリスおすすめのお手入れ方法

お肌についた汚れや余分な脂(あぶら)をやさしく落とし、水分と油分を与え、お肌の調子を整えることが大事です。

基本のお手入れステップ

1.クレンジングA洗顔3.化粧水4.クリーム5.メイクアップ
クレンジング(メイクアップリムーバー)

商品詳細

クレンジング(メイクアップリムーバー)

メイクや毛穴の奥の汚れをやさしくしっかりと落とし、
余分な脂(あぶら)を落とします。

クレンジング

軽く一回クレンジングで拭きとります。就寝中にお肌についた汚れや余分な脂(あぶら)を落とします。

お肌が弱い方は、朝のクレンジングは省いて洗顔を行ってください。

メイクをされている場合は2回クレンジングをおすすめいたします。
さくらんぼ大のメイクアップリムーバーを取り、顔全体にやさしくのばし、3本の指先の腹で目の周りを軽く指圧し、ゆっくり2周してから少し時間をおきます。

拭き取り

柔らかいティッシュを顔の上にのせ、両手のひらで軽く押さえてしみ込ませて汚れを取るなど、やさしく拭き取りましょう。水を含ませ軽く絞ったコットンやガーゼで拭いても大丈夫です。こすりすぎはシミ・シワの原因になります。


洗顔(クラロンソープ)

商品詳細

洗顔(クラロンソープ)

クレンジングで取り残った汚れや、
ほこり、汗などを落とします。

泡立て

ぬるま湯でお顔を濡らしたら、泡立てネットもしくは手のひらで石けんを数回転がし、十分に泡を作ってください。

洗顔

泡立てた泡を両手に取り、ぬるま湯で濡らしたお顔全体に広げます。
洗顔の際、ゴシゴシこすると、肌の角質を傷付け、肌にダメージを与えることになってしまいます。泡で汚れを包むイメージでやさしく洗いましょう。

すすぎ

しっかり泡をすすぎ落とします。
肌に洗顔料が残っていると、肌荒れや吹き出物の原因になっていまいます。

水分を拭く

拭き取る時も決してこすらず、乾いた柔らかなタオルで、やさしく水分を吸い取るようにします。


化粧水

商品詳細

化粧水(スキンローション・メディカローション・美肌冠)

お肌に水分を与え、潤いのあるお肌へ。
スキンローションは葉緑素の働きにより、キメの細かい肌を作ります。メディカローションは肌が弱い方におすすめです。アレルギー肌で乾燥がひどい方は美肌冠をお使い下さい。

適量を手のひらにとり、顔の中心から外側へ、 お顔全体にていねいになじませてください。

パッティングする場合は、あまり強く行いますと刺激となることがありますので、ご注意ください。


クリーム(美肌・あれ肌)

商品詳細

クリーム(美肌・あれ肌)

水分を補ったお肌にクリームで栄養を補い、さらに保護膜の代わりもします。

クリームを薄くつけてください。クリームが保護膜の代わりをしますので、下地をつける必要はありません。2〜3分したらメイクをしていただけます。

軽くマッサージをしながらクリームをつけましょう。べたつきが気になる方はティッシュなどで軽く拭き取ってください。マッサージは強過ぎたり長時間行うと、かえってお肌を傷めてしまいシワの原因になってしまいますので、軽く触れる程度で行ってください。特に目の周りはやさしくマッサージしましょう。


メイクアップ

商品詳細

メイクアップ

お肌を整えたら、より美しくなるためのメイクアップをお楽しみください。
ドクターフェリスのメイクアップ製品は、スキンケア同様お肌にやさしい処方になっております。


ページの先頭に戻る


ドクターフェリス